ニケじいの日記
日々の出来事、感じたことを脚色して書きます
02 | 2006/03 | 04
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合コン
ブログってのは、「読まれたくない人」というのを作っちゃだめだね。前のブログは、ある分野の人々に読まれると少しまずいところがあるため、今回こちらのサイトに引っ越した。バンドル名も変え、心機一転じゃい。

離婚したら突然世界が変わるかと思っていたら、案外そうでもなく、変わらぬ日々が淡々と続いている。そうだな。変わったことといえば、合コンの話に誘われるようになったことぐらいかな。でも、合コンは嫌いなので、お断りしている。

ただ1つだけ面白そうな合コンの話がある。私の会社の女性陣と私の客先の男性陣の合コンだ。全員私が知っている人たちなので、私にとっては単なる飲み会だね。会社の女の子からふと頼まれて、こいつは面白そうだと思い、積極的に話を進めている。

これを合コンだと位置づければ、合コンへの参加は実に18年ぶり。18年前の最後の合コンは、サルとウマが参加した渋谷での合コンだ。あの時、私以外の人間が全員30分以上遅刻した。当時、私は非常に心の狭い男で、待たされたことに腹を立て、ウマ以外は初対面であるにも関わらず、合コンの間中、男女お構いなく散々毒づいて、失礼極まりない発言をしたと記憶している。特にサル、すまんかったぁ。

合コンはそれまでに何回か行っているが、そのほとんどは私が幹事役だった。自分が幹事でなかったのはたったの2回だけ。それはなぜか。私は学校や会社といった自分が所属する組織の女性陣と仲良くなることが非常に多く、いつも彼女たちを自分の友達に紹介する側にまわってしまうのだ。

18年前の合コンは、男女とも大抵は同年代だった。新入社員同士とか、学生同士とかね。でも、今回のは20代前半から40代までと幅広い。これって、本当に合コンか?
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。