ニケじいの日記
日々の出来事、感じたことを脚色して書きます
03 | 2006/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほとけ
私は科学で証明できないことはまるっきり信じない姿勢の持ち主なのだが、実はそうなったのは社会人になってからのことで、それ以前は超常現象を信じる可愛い男の子だった。

そんな昔の私がふっと顔を出すことがある。

かみさんが離婚するかどうかで悩んでいるときに、彼女の友人が連れて来た占い師からいろいろとアドバイスを受けたという話を聞いた。

<最初の私の感想>
アホか、こいつは・・・。

<と思った直後の感想>
占い師なんかに頼って、この人、精神崩壊したんじゃないだろうな・・・。

<アドバイスの内容を最後まで聞いた後の感想>
むむむ。どうやって俺の情報を仕入れたんだろう。

<最近の感想>
人生経験豊富な占い師ってのは、よき人生相談者なんだなぁ。

<今の感想>
俺が2007年に再婚する相手って誰だ?

私は占いというのを次のように考えることにした。

対象となる人物を占い師の五感すべてを駆使して観察し、自分が今まで見てきた人物と比較し、分析して、その人の将来を推測する。観察→照会→分析→推測の流れだ。

したがって、観察力が鋭く、照会する人物のデータ量が豊富で、分析力に長けた占い師の推測を非科学的だと決めつけるのは早計だと思うようになった。

だが、この占い師の話は、冒頭で記述した「そんな昔の私がふっと顔を出す」ケースには相当しない。私は占いを科学的に分析したに過ぎない。もう少しでふっと顔を出しそうだったけど・・・。

実はかみさんが最近会ったもう1人の人物。その人が困ったちゃんだ。話を聞く限り、「探偵を雇って調べたろ、あんた」としか言えないのだ。「仏の世界」が口癖らしいのだが、いやいや、本当に仏様っているかもしれない、なーんてこの私が不覚にも思ってしまったよ。

詳細な話は、実際に私がその人と会ってから書くことにしよう。
スポンサーサイト
建て直し
最近寝ても2、3時間ですぐ目が覚めるんだよなぁ・・・。

睡眠、仕事、プライベートにそれぞれ8時間ずつ費やすと1日が終わる。これが標準形で、人それぞれによって時間配分が違ってくる。

私の場合は、睡眠時間は7時間が理想だ。12時に寝て、7時に起きるとその日1日が快調だ。

仕事は好きだが、オフィスに長くいることは好きではない。ほぼ毎日定時に帰る。

残りはプライベートの時間と言いたいところだが、睡眠と仕事に食いつぶされてしまうことが多い。

という生活パターンが崩れてしまっている。プライベートが睡眠と仕事を侵食してしまっているのだ。

何かに恋しちゃうとこうなる。対象は女性だけとは限らない。ゴルフ、海水魚、ボードなどの趣味も恋愛対象だ。

でもね、仕事の力を緩めてはいけないんだ。プライベートを充実させるには、その資金を稼ぐ必要もあるし、仕事をするという制約があるからこそプライベートの喜びが増すという隠し味的な要素もある。

何とか立て直さないとなぁ・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。