ニケじいの日記
日々の出来事、感じたことを脚色して書きます
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほとけ
私は科学で証明できないことはまるっきり信じない姿勢の持ち主なのだが、実はそうなったのは社会人になってからのことで、それ以前は超常現象を信じる可愛い男の子だった。

そんな昔の私がふっと顔を出すことがある。

かみさんが離婚するかどうかで悩んでいるときに、彼女の友人が連れて来た占い師からいろいろとアドバイスを受けたという話を聞いた。

<最初の私の感想>
アホか、こいつは・・・。

<と思った直後の感想>
占い師なんかに頼って、この人、精神崩壊したんじゃないだろうな・・・。

<アドバイスの内容を最後まで聞いた後の感想>
むむむ。どうやって俺の情報を仕入れたんだろう。

<最近の感想>
人生経験豊富な占い師ってのは、よき人生相談者なんだなぁ。

<今の感想>
俺が2007年に再婚する相手って誰だ?

私は占いというのを次のように考えることにした。

対象となる人物を占い師の五感すべてを駆使して観察し、自分が今まで見てきた人物と比較し、分析して、その人の将来を推測する。観察→照会→分析→推測の流れだ。

したがって、観察力が鋭く、照会する人物のデータ量が豊富で、分析力に長けた占い師の推測を非科学的だと決めつけるのは早計だと思うようになった。

だが、この占い師の話は、冒頭で記述した「そんな昔の私がふっと顔を出す」ケースには相当しない。私は占いを科学的に分析したに過ぎない。もう少しでふっと顔を出しそうだったけど・・・。

実はかみさんが最近会ったもう1人の人物。その人が困ったちゃんだ。話を聞く限り、「探偵を雇って調べたろ、あんた」としか言えないのだ。「仏の世界」が口癖らしいのだが、いやいや、本当に仏様っているかもしれない、なーんてこの私が不覚にも思ってしまったよ。

詳細な話は、実際に私がその人と会ってから書くことにしよう。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
憧れ。。。
私は非科学的なことに憧れている。何だか考えるとワクワクする。宗教も大好き。家は日蓮宗、高校は儒教、短大はクリスチャンと一応教えのスーパー初級レベルは知っているつもりだ。学生時代は、暇だったので、数々の宗教の会合にも顔を出した。原理サークルも見学したし、当時話題だったオウム心理教の説明会にも行った。今はエバンゲリコの教えを学んでいる。いつかはまれる宗教を見つけたいものだ。ニケ爺もいい宗教あったら紹介してね。是非教えを学びたいよ。奥深いよねえ。宗教ってさ。
【2006/04/16 21:50】 URL | さる #- [ 編集]

俺が神
って思ってた時代があります。唯我独尊男でしたねぇ、あっしは。
【2006/04/17 22:43】 URL | ニケじい #- [ 編集]

で?
教祖もしくは神のニケ爺の教えってどうんなの?
すごいなあ。自分が神とはねえ。
【2006/04/18 10:30】 URL | さる #- [ 編集]

教えではない
みんなが俺を好きで、俺のために世界が回っていると思っていたということで、教えではなく、ただのわがままってやつ。
【2006/04/18 14:33】 URL | ニケじい #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。